FC2ブログ

旧俺ゲー

大阪旅行記(6)

 ←大阪旅行記(5) →大阪旅行記(7)
道頓堀の次は道具屋筋。
ここには料理に使うあらゆる道具が揃っている商店街…。
先日の「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」でまいんが訪れた場所でもあります。

s_DSCF3402.jpg

道具屋筋はちょっとしたアーケード街になっています。
とはいえ、それほど直線距離は長くないけれど。

その名の通り道具屋だらけで、しかもその一店一店の品揃えが充実しています。
中には大阪らしく、たこ焼き機やお好み焼きを焼く鉄板付きのテーブルも。
たこ焼き機はともかく、家庭でお好み焼き用のテーブルなんて他の地方では持たないですよw

そして、クッキンアイドルのまいんも訪れた店も発見。
番組中でも紹介されていたお好み焼きの「テコ」がズラリと並んでいました。
中には片方が丸くなっていて食べやすくしてあるテコや、小さいサイズのレディー用も。
テコひとつ取ってもいろいろあるんですねえ…。
まいんが訪れたと思うだけでなんだかワクワクしてくる私はちょっとアレですね(;´∀`)

道具屋筋を抜けた後、吉本新喜劇が行われているなんばグランド花月の前まで来てみました。
その目の前にゲーセンがあったので、ここで初めてNo.19さんと一緒にゲームしました。
遊んだのは「リズム天国」。
ゲームボーイアドバンスで人気を博したゲームのアーケード版です。
内容はGBA版と同じなんだけど、かなり失敗しちゃったり。
これは久しぶりのプレイというだけではないですね…。
隣に人がいるといないとでは大違いですよ。
どうしてもお互いのプレイが気になっちゃいますし、ひとりで遊ぶ以上にプレッシャーがありました。
このアーケード版はかなり前に稼動開始したゲームなんだけど、今まで遊ぶ機会が無かっただけに、今回遊べて満足。
ついでにGBA版をNo.19さんに勧めてきましたw

次に訪れたのは大阪の秋葉原とも言われている日本橋。
日本橋には大阪に行ったら必ず行くようにしていたり。
しかし、今回初めて「オタロード」という通りを知りました…。
まずはNo.19さんオススメのフィギュアが充実している店へ。
ガチャガチャなどの、何が出るか分からない商品もセット売りしていたり。
こういう店は名古屋の大須にもあるけど、そこよりも広く、商品の数も多かったですね。
目がいくのはやはりプリキュア。
あれこれ気になり、買おうかどうか迷ったものの、結局何も買わずに出ることに…。

ここからは、今回の旅行で一番多く買ったゲームボーイソフトです。
やはりゲームボーイ好きとしてはゲームボーイソフト漁りは欠かせません。
なかなかお目にかかれないレアなソフトも含めたくさん買ってきました。

s_DSCF3434.jpg

まずはソフマップなんば店 ザウルス1 ソフト館で購入したこの2本。
いきなりGBAでナンですが…。

クラッシュバンディクーアドバンス2 880円
アニマル横町(GBA2作目) 480円

クラッシュは最近PSアーカイブスのクラッシュのレーシングにハマりつつあるので購入。
PSアーカイブスの本家クラッシュを遊ぶ前にこちらをプレイしようかと…。
アニ横はアニメ版が好きで当時観ていたので、前から欲しかったんだけど、なかなか安くならなかったソフトなので、480円で売っているのを見て即購入。
ちなみに日本橋の他の店では1,480円で売られていましたw

s_DSCF3437.jpg

2軒目はスーパーポテト。
この店には毎回行くようにしています。
レトロゲームが充実していて、レゲー好きにはたまりません。

SDガンダムGARMS 380円
ドラゴンボールZ激闘編 924円
桃太郎電鉄Jr. 399円
太陽の天使マーロー 294円

この中では太陽の天使マーローが一番レアかなあ。
一番安いけどw
このゲームは以前から探していたので、今回ゲットできて嬉しかったです。
ドラゴンボールZは裸で924円とちょっと悩む値段だったけど、他の店ではもっと高いことが多いので、ここで買うことに。
SDガンダムGARMSはあんまり面白くないゲームなんだけど、箱説付きでこの値段なら買いかな…。
現在手元に無かったというのもあるけれど。

s_DSCF3440.jpg

スーパーポテトでは叩き売りされていたポケットカメラも買いました。
No.19さんには話したけど、DSiのカメラ機能の元となったものだと思っています。
でも、GBで発売された当時はあまり売れなかったんですよね。
だから今でも新品が叩き売りされているわけで…。

s_DSCF3442.jpg

本日最後のゲームショップ巡りはゲーム探偵団。
ここも毎回行くようにしています。
レトロゲームソフトはもちろん、攻略本やサントラCDも充実。
しかし、昔のゲームの攻略本、サントラは総じて値段が高いです…。
高い金を出してでも欲しい攻略本はありますが、今回は買いませんでした。

買ったゲームソフトは
アルルの冒険 1,280円
華蘭虎龍(からんころん)学園 680円
サクラ大戦GB 180円

アルルの冒険は「ぷよぷよ」シリーズのアルルが活躍するRPG。
知る人ぞ知る「魔導物語」…と思ったら、魔導物語シリーズには入っていないようですね。
このソフトはちょっと入手が困難だと記憶していたし、事実なかなかお目にかかれなかったので、ちょっと高いと思いつつも購入。
華蘭虎龍学園はゲームボーイ好きにはお馴染みの(?)J-WINGのゲーム。
このメーカーにはあまり良い印象を持っていないだけに、不安でいっぱいでしたが、このゲームは全く記憶に無かったし、パッケージは女の子がいっぱいなので購入w
このゲームをはじめ、今回購入したソフトは今後このブログで紹介していきたいですね。
少なくともこの華蘭虎龍学園だけでもw
サクラ大戦GBは以前から叩き売りされていたものの、あまり評判が良くないゲームということもあり今まで購入を控えていたんですが、No.19さんが買ってプレイしていたという話を聞き、今回初めて買ってみることに。
サクラ大戦は1~3はサターン、ドリキャスでプレイしたんだけどね。

s_DSCF3456.jpg

ゲーム探偵団ではGB本(480円)も買いました。
今は亡きマル勝ファミコン特別編集ということもあり、ただのカタログではなく、まるでゲーム雑誌を読んでいるよう。
まだ発売前だったSa・Ga2秘宝伝説(DS版ではないですよ(;・∀・))やキム皇こときむらはじめさんがシナリオとゲームデザインを担当したジャングルウォーズなどの記事がなかなか読み応えがあります。
発売済のソフトについても攻略情報が載っていたり、全てのソフトにゲーム画像と紹介文があって、なかなか丁寧な作りで大満足。
ある意味今回購入した物で一番の掘り出し物だったかも。
ゲームボーイ好きなら買って後悔することはないと思います。

この日だけで9本ものソフトを買ってしまいました。
しかし、これでもまだ半分だったり。
残りは3日目の記事で…。

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 旧俺ゲー
記事一覧  3kaku_s_L.png ドラクエ8
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム日誌

~ Comment ~

Re: 大阪旅行記(6) 

大阪旅行は堪能してきたようですね、俺は大阪行ったこと無いのですが、
いつか日本橋は行ってみたいなと。
ソフマップ、パッケージへのラベル貼りが容赦ないですねw
ゲームボーイソフトカタログは今回一番の掘り出し物かもですね~。
マル勝編集というだけで読みたくなりますなw

まだまだ旅行記は続くようですが、とりあえずお疲れ様でした。

Re: 大阪旅行記(6) 

>>藤マルさん
今回の旅行はホント楽しかったです。
日本橋は行く度に新しい発見があって楽しいですよ。
ソフマップのラベルは簡単に剥がせたので問題無かったですw

GBソフトカタログは意外な掘り出し物でした。
買う前はそこまで期待していなかっただけにw
ブックオフなら105円で店頭に並ぶと思うけど、これなら少々高くても買っちゃいますよ。
今回買ったのはカタログ2なので、まだ他にも出ているはずなんですよね。

Re: 大阪旅行記(6) 

日本橋楽しそうですねw
フィギュアショップが気になります。
プリキュア無印の、ブラックとホワイトは
売ってましたか?
アマゾンで見るとエライ高いんですよね~。。。

ソフト9本!!
それだけ掘り出し物が見つかるのが凄いですねw

Re: 大阪旅行記(6) 

充実してますね~^^

アイ!マイ!まいん!ってのは、俺が小さい頃にやっていた
アイマイミーマインとなんか繋がりがあるんですかね?^^;たしか料理していた女の子はマイちゃんって呼ばれていた気が・・・
20年前の記憶なんで当てにはならんかww

Re: 大阪旅行記(6) 

>>チョップさん
ブラックとホワイトのフィギュアは売ってたっけなあ…?
ドリームは見た記憶があるんですが。
でも、無印やMHのおもちゃは売っていましたよ。
amazonのマケプレだと高そうですねえ…。

掘り出し物といっても全てではないわけでw
今回の9本中何本かは他の店でも買えるものですしね。


>>カズオさん
久しぶりに充実した日々を過ごせましたよw

アイマイミーマインというと、ひとりでできるもんかなあ…。
現在放映中のまいんは、そのひとできの流れを汲む番組なので、繋がりはあるのかもしれませんね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大阪旅行記(5)】へ  【大阪旅行記(7)】へ