FC2ブログ

旧俺ゲー

WELCOME TO F.F. WORLD

 ←シーフはいらない子? →ひよりんの初恋を応援したい…
s_Photo0522.jpg

前記事の続きになります。




s_Photo0523.jpg

経験値&ギル稼ぎの拠点とした港町プラボカから船で海を渡った先にある、エルフの城から森を抜け、沼地の奥にある洞窟までやってきました。
ここでの目的はエルフの城(町)の西にある城の王が欲しているクラウンを持ち帰ること。
パーティにとって、初めての本格的なダンジョン探索となります。




s_Photo0512.jpg

このゲームでは魔法の使用回数が少ない上に、ダンジョン内でMPを回復させる手段が無いため、ダンジョンでは無駄な戦闘を避けることが重要になってきます。
経験値を稼ぐときは稼ぐ、ダンジョンを攻略するときはできる限りモンスターの相手をしない、それがFF1というゲームだったり(GBA版以降は一概にそうとは言えませんが…)。


私はもう何度もクリアしているので、最初から攻略本を使ってしまいます。
ダンジョンマップがあるだけでかなり時間が短縮できますしね。
一度に攻略しようとはせず、最初は宝箱だけ回収し、2度目の探索でボスを倒しに行くとした方が良かったり。
ダンジョン内には強力なモンスターが出現して、全滅することもありますしね。




s_Photo0524.jpg

沼地のダンジョンでは普通の宝箱は後回しで、目的のクラウンが入っている宝箱まで一直線です。
かなり余裕を持ってレベル上げをしたので、ちょっとやそっとじゃやられません。
とはいえ、油断は禁物。
できる限り戦闘からは逃げるようにし、逃げられず、戦うことになったら全力で倒すようにしていきます。




s_Photo0525.jpg

ついにクラウンが入っている宝箱の前まで到着。
この宝箱から持ち帰れば良いのですが、簡単には取らせてくれません。




s_Photo0526.jpg

宝箱の前に来たところでピスコディーモンが出現。
FF1には足を踏み入れた途端敵が襲ってくる場所があります。
多いのは宝箱の前で、出てくるモンスターも固定されています。
これを利用した経験値稼ぎもあるのですが、ここでのピスコディーモンはボスと同等だったり。


FF1を語る上では外すことのできない(?)モンスター・ピスコディーモンさんです。
攻撃力が高い強敵ですよ。
シーフだけのパーティなら大苦戦だっただろうけど、今回は黒魔術師がいるし、シーフもそこそこ強くなったので難なく撃破。




s_Photo0527.jpg

クラウンを手に入れた!
車に詳しくない私ですが、さすがにクラウンは知っています。
って、それは違うクラウンか…。




s_Photo0528.jpg

クラウンを持って西の城へ。
ここで寝袋(かテント)を使ってセーブしておきます。
この後、序盤の山場となるボス戦に突入です。




s_Photo0529.jpg

ダークエルフの王、アストスとの戦闘。
アストスは多彩な魔法を使いこなす強敵。
一撃死の魔法・デスも使うので長期戦にはしたくないところ。




s_Photo0530.jpg

ここでは白魔術師のサイレスに賭けます。
成功すればアストスの魔法を全て封じることができるので、勝ったも同然。




s_Photo0531.jpg

黒魔術師はブリザラで確実にダメージを与えていくことに。
シーフ二人にも攻撃させるのですが、攻撃力の低いシーフでは2回ヒットしてもたった2しかダメージを与えることができないのですよ。
クリティカル攻撃になってようやくまともにダメージを与えられるのですが、クリティカルが出るかどうかは運ですしね。




s_Photo0532.jpg

白魔術師のサイレスが一発で成功!
アストスを沈黙させることができました。
あとはひたすらダメージを与えていくだけです。




s_Photo0533.jpg

見事アストスに勝利!
先頭のシーフが消えかかっているけど気にしない。


今回は白黒二人の魔術師がいたから楽に勝てたけど、シーフ4人やシーフ一人旅だったら何度も全滅させられていたんだろうなあ…。
サイレスが使えないからアストスの魔法をもろにくらうことになるし、シーフの攻撃ではクリティカル以外ではまともにダメージを与えられないから運も必要に。
そんな苦労ばかりの高難易度なシーフ4人でのクリアもいつかしてみたいんですよね。




s_Photo0520.jpg

パーティ編成を変えることによって何度でも楽しめる、シリーズ最初の作品にして最高のFF。
FFシリーズで一番長く遊んでいるのはやっぱりこの1だなあ。
2も自由に育てることができて好きなんですけどね。
一番ハマったのがファミコン版よりも遊びやすくなったワンダースワン版というのも大きいかもしれません。



s_Photo0519.jpg

上の画像はFF1・2のサントラCD。
PS版のアレンジされた曲も良いけれど、やっぱりファミコン版の曲が一番です。
アレンジバージョンのメドレーも収録されていて、これも良いんですよ。


久しぶりにプレイしたFF1はやっぱり面白くて、こんなに面白いんだということを伝えたくて記事にしたのですが、思えば自分勝手な奴だよなあ…(;´Д`)
自分のブログだから好きなようにやればいいとも思うけど、いきなりこんな記事見せられても…って感じなのかも。

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 旧俺ゲー
記事一覧  3kaku_s_L.png ドラクエ8
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム日誌

~ Comment ~

 

『FF1』、PSPでリメイクされた時に遊んだんですが…歳のせいか、記事を読んでいても「クラウン」なんてあったかしら?…と、当時をさっぱり思い出せません(笑)
最近のRPGはシステムが複雑で、ちょっと僕には面倒くさいって感じる部分もあり、そんな時に遊んだ『FF1』は、シンプルで純粋に楽しめた記憶はあるんですけどね。
きっとこれも歳のせい(笑)

 

>>僕。さん
確かにこの辺は思い出せなくても仕方がないと思いますw
クラウンを取るあたりはキーアイテムを立て続けに入手しますしね。

複雑なシステムは私もちょっと面倒くさくて敬遠しがちです…。
複雑でも面白ければのめり込んじゃうんだけど、そうでないとただただ面倒くさいだけで…。
元々シンプルなゲームが好きなこともあり、FF1は何度でも遊びたくなっちゃいます。
私は歳のせいとは思いたくないなあw

 

こんばんは。

スクリーンショットがたっぷり、記事の内容も充実で、
まるでゲームブログみたいですね!(・∀・)
年がバレますけど、ボクはファミコン版FF1を買ってますが、
イプイプさんみたいに遊びこんでないですね。
シリーズで一番好きなのは、DS版のFF3です(笑)。
師匠のFF1への思い入れが伝わる、とてもいい記事でした。

 

>>ケンさん
お褒めの言葉ありがとうございます。
前記事についてコメントがつかない…といった内容をツイッターで発言してしまった後なので、少し心が痛みもしますw

ファミコン版は1よりも2、3をプレイしていて、1をやり込んだのはワンダースワン版からなので、昔から遊び倒してきた人達には到底及ばないのですよw

DS版の3は良いリメイクですよねー。
私も好きで今は2周目を少しずつ気が向いたときにプレイしています。
DS版3についてもいつか記事にしたかったり。

 

天野絵かっこいいですな!サントラほしくなった!

 

>>日曜さん
かっこいいですよねー。
このサントラCDはFF2のモンスターイラストギャラリーも見られるのでオススメですよ。
PS版でも条件を満たすとギャラリーにイラストが追加されるように。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シーフはいらない子?】へ  【ひよりんの初恋を応援したい…】へ