FC2ブログ

旧俺ゲー

ゆけ!ゆけ!ゆけ!ゆけ!ゆけ!勇者

 ←腐った人達にも大人気…!? →アニソンが好きだと叫びたい


iPod touch/iPhone用のゲームで今ハマっているのは「ゆけ!勇者」。
その名の通り勇者が冒険するゲームなのですが、このゲームはちょっと変わっています。
何もせずに放置しておく時間がとても長いゲームなのですよ。
何もせずに放っておく、それでも楽しいゲームです。





IMG_0227.jpg

まずはじめにクエスト画面を開きます。
「ゆけ!勇者」は勇者をダンジョンに向かわせ、目的階まで冒険させ、無事に帰還させるゲームです。
プレイヤーができることは、どのダンジョンの何階まで冒険させるか、また、何を持たせていくかを決めるだけ。
あとはゲーム内の勇者が勝手に冒険して帰還するか、敵にやられてくるまで放置しておくだけなのです。






IMG_0228.jpg

はじめにダンジョンを選択。
(@6分)というのは1階あたりにかかるおよその冒険の時間。
最初に冒険することになる「冒険者の洞窟」では6分と短いのであっというまに冒険が終わってしまいますが、難易度の高い洞窟だと目的階にもよりますが10時間以上かかることも。






IMG_0229.jpg

次にそのダンジョンの目的階を選択。
5階と設定すれば、ダンジョンが10階まで続いていたとしても5階の冒険を終えたところで帰還します。
初めて訪れるダンジョンでは無理せず低い階で帰還させた方が良いと思います。
まあ、最初の「冒険者の洞窟」ではいきなり最深階の10階まで行っても帰還できることが多いけれど。
6分×10階の約60分で攻略できますしね。






IMG_0230.jpg

難しいダンジョンだと36階まであることも。
しかも1階あたりの所要時間が25分だから36階まで冒険させると10時間以上かかってしまいます。
朝出して夕方バッチリ…はクリーニングだけど、朝一番に冒険に出発させるとちょうど良い時間に帰還できるんですよね。






IMG_0231.jpg

次に武器を選択します。
このゲームではダンジョンで拾得した武器をその場で装備させることはできず、ここで選んだ武器で最後まで戦っていくことになります。
よって、武器の選択はとても重要です。
同じ武器でも攻撃力がプラスされているものもあるので、集める楽しみもあります。






IMG_0232.jpg

とはいえ、基本的に攻撃力が高い武器を装備させていくことになるのだけれど。
中には特殊効果のある武器もあるので、攻撃力だけを見ていてもいけないのだけれど。
私が好きなのは防御も兼ね備えた剣・ディフェンダー。
ディフェンダーはSa・Ga2でもお世話になったっけなあ…。






IMG_0233.jpg

同じように防具も選択。
はじめはしょぼい防具しか手に入りませんが…。






IMG_0234.jpg

冒険を進めると貴重な防具が自分の物に!
お前のドラゴンアーマー+6は俺の物、俺のオフェンサー+1は俺の物(!)。
このゲームでは貴重なアイテムも全て無料なので怪盗に奪われることはないから安心ですよ。






IMG_0235.jpg

強い武具を装備しても安心できないのが冒険の難しいところ。
そんな冒険の手助けをしてくれるアイテムを2つまで持ち込むことができます。






IMG_0236.jpg

アイテムといっても緊急時に使う物ではなく、ダンジョンに入ってすぐ使う(食べる)物しか存在しません。
勇者のステータスをアップさせたり、レベルアップ時の成長を増幅させたり。
私のオススメは「守りの木の実」かな。
最近は特に攻撃よりも守備を優先させるべきだと痛感しています。






IMG_0237.jpg

準備を終えたら、右上の「ゆけ!勇者」をタップして、勇者をダンジョンへ出発させます。
ゆけ!勇者!






IMG_0238.jpg

勇者がダンジョンへ出発したら、無事に帰還するか敵にやられるまでずっとこの画面です。
その間プレイヤーは何もできません。
ただ無事に帰ってくることを祈るのみです。






IMG_0239.jpg

しかし、さすがに何もせずに待っているだけというのは辛いので、「クエストログ」という形で勇者の冒険の様子を見ることができます。
上の画面では過去の最近10回の冒険のログの一覧が載っています。
私はクエスト成功が多いものの、たまに調子に乗って最終階まで冒険させて失敗することも。
階が進むごとに出てくる敵も強力になり、いつやられてもおかしくないのですよ。






IMG_0240.jpg

クエストログではこんな感じに道中で何があったかを一覧で表示し、さらにタップすると詳細を見ることができるようになっています。
冒険する時間が長くなればなるほどログも膨大な数に。
全部見るのは無理なくらい多くなりますよ。






IMG_0241.jpg

敵と遭遇すると自動的に戦闘になります。
戦闘は常に1対1で、どちらかが倒れるまで攻撃を繰り返します。
モンスターグラフィックすらなく、文字だけで展開されるので単調に思われるかもしれませんが、戦闘に苦労して勝ったり、見たこともない敵が登場すると胸が熱くなるのですよ。
このクエストログこそがこのゲームの醍醐味だと思います。


しかし、このゲームは想像力で補える人でないと厳しいかもしれませんね。
私はレッドイーグルの姿を想像しながらログを読んでいましたw
このレッドイーグルもレベルが20くらいになったらきっとオーラを発するようになって勇者を苦しめるんだろうなあ…とか思ったり(;´Д`)






IMG_0242.jpg

アイテムは道中で見つかる宝箱から手に入れたり、敵を倒すことで手に入れます。
そういえば、クリスマスやお正月のときは特殊イベントが発生して貴重なアイテムがもらえたりしていたなあ。
このゲームは実はオンラインゲームなのですよ。
サーバーへの接続が必要となるので、iPod touchでは外出すると最新のログが見られないのが辛いところ。
帰宅すれば外出中のログを一気に読むことができるから良いのだけれど。






IMG_0243.jpg

クエスト成功のカギを握るとも言われるのが泉の存在。
ダンジョンで運良く泉を発見できればHPが回復したり経験値が手に入ったり力が増加したりと良いこと尽くし。
泉の発見には運のパラメータが関係している…?






IMG_0244.jpg

冒険も終盤に差し掛かろうというところ。
勇者はレベルアップを繰り返したことでかなり強くなりましたが、レベルアップするのは敵も同じ。
ここらで攻撃力の高い敵に一気にHPを削られることが多くなります。






IMG_0245.jpg

ドラゴンが出現!
この奥にはもしかして囚われの姫が…!?
ドラゴンなので強いはずなのですが、こいつはただのドラゴン。
今の勇者にはそんな攻撃効かないよ。






IMG_0246.jpg

上の画像の一番下に注目。
369あったHPが一気に4まで減らされました。
ここまで追い詰めた敵とは一体…。






IMG_0247.jpg

その正体はファイアドラゴン。
さっきのドラゴン相手ではダメージ1しかくらわなかったのに、こいつの攻撃力はとてつもないです。
その名のとおり炎を吐くのかな。
その強さはまさに竜王と呼ぶにふさわしい…。






IMG_0248.jpg

苦しみながらもなんとかファイアドラゴンに勝利。
今は早く回復の泉に向かいたいところ…。






IMG_0249.jpg

しかし、現実はそんなに甘くありません。
万全の体調なら苦にしないホワイトウルフにやられゲームオーバー。
今回の敗因は攻撃力の低さにあったかな。
防御力ももう少し高くしないといけなかったね。






IMG_0250.jpg

途中で力尽きるとせっかく手に入れたアイテムや、出発時に装備していた武具を全て失ってしまいます。
10時間かけた冒険を失敗するとちょっとヘコみます…。
この冒険では貴重な幸運の剣と幸運の鎧を失ったのが一番辛かったです。
この2つはレア度が高いだけに…。
この冒険以降、まだ幸運の剣、鎧を手に入れていません。・゚・(ノД`)・゚・。






IMG_0251.jpg

こちらは無事に目的階から帰還し、クエスト成功した画面。
クエストログを読んで想像を膨らましていくのも楽しいけど、より貴重なアイテムを持って帰ることも楽しいです。






IMG_0252.jpg

記録を埋めていくのもこのゲームの楽しみです。
中にはレアなアイテムや敵もいて、期間限定でレアモンスターの出現率を高めてくれたこともありました。
確かあるダンジョンではレアモンスターのドラキュラがニンニクを落としてくれたのですよ。
私はドラキュラには出会えたけど、ニンニクは手に入れられなかったです…。






IMG_0253.jpg

このゲームはまだ歴史が浅く、今も製作者とプレイヤーが意見交換しながら改善を重ねている状況です。
公式サイトやツイッターでの製作者の反応が速いのも人気の理由のひとつかもしれませんね。
そういう私もツイッターではフォローさせてもらっています。
意見を述べたことは一度も無いですが…。


グラフィックが無いに等しく、文字だけで展開されるゲームなので人を選ぶと思いますが、放置して結果を待つ楽しみや、想像を膨らませられるクエストログ、レアアイテムやモンスターなどの楽しみがたくさん詰まったゲームなので、好きな人はとことんハマってしまうと思います。
これからこのゲームがどう成長していくのか、いちプレイヤーとしてとても楽しみです。

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 旧俺ゲー
記事一覧  3kaku_s_L.png ドラクエ8
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム日誌

~ Comment ~

No title 

これは懐かしいようで斬新ですね~。
手の空いた時にちょこちょこ確認するのが楽しみになりますね。

もし、女勇者の設定が出来るのなら、モンスターを卑猥な感じで想像してしまいそうです。ウソです。

遅れましたが、今年もよろしくお願いします!

No title 

>>僕。さん
確かに懐かしさもあるゲームなんですよねえ。
放置プレイだけれど、時間はかかるので時間のあるときに確認するくらいでないと追いつかないかもしれないですw

その女勇者の設定すら脳内で設定してしまえば良いのですよ(・∀・)
女勇者が吸血コウモリやドラキュラに襲われるのを想像すると私まで興奮…いや、ハラハラドキドキしてしまいますw

こちらこそ今年もよろしくお願いしますー。
というか、私からは挨拶してなくてすみません(;´Д`)

拍手コメントへの返信です 

>>犬塚ケンさん
私が人に誇れるのは妄想力くらいしかありませんからw
あれこれ妄想できる人なら楽しめるゲームだと思います。

ご挨拶おくれました>< 

あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いします!

コレは、ナチュラルに楽しめそうですね!
モンスターや武器、防具なんかは
他のゲームで絵を見てきてるから
イメージし易いですよね!
・・・そう考えるとRPGはもはや
コレで良いかもしれませんねw

でもこのゲーム、ハマったら
時間になる前に、何度も確認しちゃいそうw

No title 

>>チョップさん
わざわざ新年の挨拶ありがとうございますー。
なんだか催促したみたいで悪いですなあw
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

これは我々ファミコン世代なら全員…とは言わないまでもかなりの人が楽しめると思います。
他のゲームで絵を見てきている、というのが一番大きいですよね。
この記事でもドラクエネタを使ってしまいましたし(ノ´∀`*)
テーブルトークRPGなんかに慣れ親しんでいる方なら特に楽しめる気がします。
私はプレイしたことないのだけれど。

確かに気になって何度も確認しちゃうんですよw
それで、HPが残り僅かになっていたりするともう目が離せなくなるという…。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【腐った人達にも大人気…!?】へ  【アニソンが好きだと叫びたい】へ