FC2ブログ

旧俺ゲー

ネコまっしぐら!? ケムコの秀作RPG 「ネコジャラ物語」

 ←今、ミスワーが熱い…! →ケムコ帝国からのニャンニャンな刺客! 「ネコジャラ物語」
ネコジャラ物語
(1990/12/14 ゲームボーイ)


s_Photo0811.jpg

ケムコがゲームボーイ黎明期に発売したRPG「ネコジャラ物語」。
ケムコのゲームボーイソフトといえば1989年の「セレクション」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、このネコジャラ物語もセレクションに負けず劣らずのゲームとなっています。






s_Photo0788.jpg

もう20年以上も前のゲームですが、今でも十分楽しめるゲームとなっています。
こういうゲームはゲームボーイだけでなくiPod touch/iPhoneとの相性も良さそうです。






s_Photo0789.jpg

まずは主人公の名前を入力。
デフォルトで「マーク」と入っていますが、私はやっぱり「イプイプ」で。
…と、思ったらカタカナでの入力ができません。
仕方がないからひらがなで「いぷいぷ」と入力することに。






s_Photo0791.jpg

名前の入力が終わると、ネコの王様が目の前に立っていました。
主人公は元々人間だったのですが、ネコの姿にされてしまったようです。






s_Photo0792.jpg

53億人ってのもすごいけど、あみだくじってww
どれだけでかいあみだくじなんだ…(;´Д`)
あみだくじでネコにされてしまった元・人間のいぷいぷ。






s_Photo0793.jpg
s_Photo0794.jpg

ネコの姿にされたのは王様の悩みを聞くためでした。
イヤと言いたいけれど、イヤとは言えない状況なのニャ…。






s_Photo0795.jpg

オープニングが終わり、いよいよゲームスタート。
回復、セーブ、ゲームスタートは全てこの執事の間で行います。
パワーボールとセーブボールを持ち歩きたいのですが…ダメ?(´・ω・`)






s_Photo0796.jpg

このゲームはフィールドの移動が少し変わっていて、ドラクエのようにフィールドや街の中を自由に歩き回ることができず、左下に表示される矢印を選択していくことで移動していきます。
この辺のシステム周りは同じケムコの「シャドウゲイト」や「セレクション」と同じですね。


右矢印の横に「・」がありますが、これはこの方向に敵がいるということ。
ここで右方向に進むと必ず敵との戦闘になってしまいます。


右下にはコマンドが表示されています。
人や物など、あらゆるものに「みる」「はなす」「たたく」というコマンドを使用することができます。






s_Photo0797.jpg

よって、人物に「たたく」や物や植物に対して「はなす」ことも…。
「セレクション」では確か「あける」というコマンドもあったんだよなあ。
ある人物に「あける」を使用すると…むふふ(?)。






s_Photo0798.jpg

まずは情報を集めるため、執事の間を左に進んだ先にある情報局へ。
情報局はすぐそこに!






s_Photo0799.jpg

情報局のニャームスポンド(ジェームズボンド?)がこれから何をすべきか教えてくれます。
そうそう、ここはネコ達が暮らす国、キャットランドなのですよ。
これから先、いろんなネコ達に出会うことになるので、ネコ好きにはたまりませんよ。






s_Photo0800.jpg

敵との戦闘はドラクエなどに慣れている方ならすんなり入っていけるシンプルなもの。
それだけにやや物足りない部分もありますが、決してつまらなくはありませんよ。
このゲームには一緒に戦ってくれる仲間がいないので、常に主人公一匹で戦っていくことに。
それなのに敵は複数現れるんだよなあ…。






s_Photo0801.jpg

いぷいぷの攻撃!
この「よわむし」はネコジャラ物語で最弱の敵なので、まずは弱虫退治でレベルアップです。






s_Photo0802.jpg

敵を倒すと経験値と小判が手に入ります。
「猫に小判」だからかニャ?






s_Photo0803.jpg

「ネコジャラ物語」ならではのシステムが「ネコポン」。
このネコポンについてよく理解していないとゲームを進めるのは困難になります。
とはいえ、そんなに難しいものではないのだけれど。


「アイスソードってしってる?」
 →しってる
 →そう カンケーないね
 →ころしてでも うばいとる


ネコポンについての選択肢を見たらアイスソードネタを思い出してしまいました。






s_Photo0804.jpg

気まぐれなネコならではですね。
溜めすぎないほうが良いのだけど、溜まっている状態だといつもと違うことが起きたり…。
おっと、これ以上は言えないニャ。
私も現実社会やネットでネコポンを溜めてしまっていたり…。






s_Photo0805.jpg
s_Photo0806.jpg

ほどほどが良いということですね。
現実社会でもそうだけど、ストレスと上手く付き合っていかなきゃやってられないですよ、まったく(; ・`д・´)
…と、ちょっとグチってしまったのニャ。






s_Photo0807.jpg

ネコポンを溜めるのは簡単です。
木などに「はなす」だけでネコポンがアップするのですよ。






s_Photo0808.jpg

そりゃそうだよなあw
こういう無駄に思えることもちゃんとできるようになっているのは良いですね。






s_Photo0809.jpg

ネコポンについて教えてくれたドクトル・ミーコを「たたく」ことでネコポンを減らすことができます。
でも、ちょっとひどいのニャ…。
ちょっとS入ってるのかニャ?(*´Д`)






s_Photo0810.jpg

何年か前にクリアしたときのデータがまだ残っていました。
最高レベルは31ということで、低く感じるかもしれませんがストーリーや謎解きが面白くて熱中できる名作だと思います。
ケムコ好きはもちろん、昔ながらのテキストアドベンチャーが好きな方にも合うんじゃないかなあ。






IMG_0307.jpg

そして…20年の時を経てネコジャラ物語がリメイク!?
これについては別記事で紹介したいと思います。

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 旧俺ゲー
記事一覧  3kaku_s_L.png ドラクエ8
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム日誌

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【今、ミスワーが熱い…!】へ  【ケムコ帝国からのニャンニャンな刺客! 「ネコジャラ物語」】へ