FC2ブログ

旧俺ゲー

全国のファミっ子必読!? 「ファミダスライト」

 ←カラーになっただけじゃない! 「テトリスDX」 →記憶は遥か彼方へ…


先月のことになるのですが、「ファミダスライト ファミコン裏技編」という本を買ったので夜寝る前などに少しずつ読んでいます。
相互リンクしている犬塚ケンさんのブログで存在を知って、欲しくなったのでamazonで注文しちゃったんですよ。
タイトルだけでそそられる本っていいですよね。


昔のゲーム、特にファミコンには裏技というのがたくさんあり、それもゲームの楽しみのひとつでもありました。
無敵コマンドやステージセレクト、隠しモードなど…。
私はやっぱりファミマガのウル技コーナーの印象が強くて、裏技を実際にゲームで使用するというよりは見て楽しむことが多かったです。


この本では「王道編」「爆笑編」「隠しステージ&隠しキャラ編」などに分けて数々の裏技が紹介されています。
誰でも知っているコナミコマンドをはじめ、キンタマリオなど思わず笑っちゃうような裏技も。
当時は嬉しいスコアボーナスなどの隠しキャラも流行りましたよね。
隠しキャラだと私は「ボンバーマン」と「グーニーズ」が印象に残っているかな。
ボンバーマンの隠しキャラはゲームセンターCXのDVDで有野課長が挑戦していましたね。


こうしてじっくり読んでいると本当にいろんな裏技があったんだなあ…。
私は当時そんなにゲームを持っていなかったので、実際に使用した裏技は数えるほどしかないんですよね。
むしろ友人の家で見せてもらった裏技の方が多かったり。
裏技で盛り上がれるなんてことは今では難しいんだろうなあ。


ファミマガとはいえば、忘れてならないのが「ウソ技」。
この本ではウソ技についても書かれていて、当時のファミマガスタッフへのインタビューでその誕生秘話などについて知ることができたり。
「水晶の龍」の野球拳はゲームはプレイしたことないけれど、知っていたなあ(*´∀`)
桃太郎シリーズの温泉技もだけど、こういうむふふな裏技があるとそれだけで売れてしまいますよね。
今はえっちなのは裏技ではなく、最初からそれをウリにして発売するからこういう裏技は無いんだろうなあ…。


当時を知る人はもちろん、ファミコンに興味があるちびっ子にもお勧めできる「ファミダスライト ファミコン裏技編」。
この本は「ファミコン裏技編」。
ということはもう一冊発売されているのですよ。
それは……







s_Photo0957.jpg

もう一冊のファミダスライトは「ファミコンキャラ&メカ編」。
ファミコンゲームに登場した様々なキャラクターやメカなどを紹介している一冊で、こちらも裏技編と同じくらい楽しめます。
マリオやリンク、アーサー、ロックマンなど20年以上経った今も活躍するキャラクターもいれば、一発屋で終わってしまったキャラクターも。
それだけに、裏技編以上にマニアックな内容となっています。


メカ編はさらにマニアックになっていて、ゲームをやりこんだ人でもその戦闘機やロボットの名称を知らないんじゃないか、という思うようなものも。
私はメカには強くないのでキャラクター編の方が好きかな。
でも、マニアックな内容ながら間口を広くして手に取りたくさせるようにしていたり。
表紙に「マリオ、パックマン、スペランカー、ビックバイパー、ソルバルウ」と書かれていれば誰でもひとつは好きなキャラかメカがいるんじゃないかなあ。


まだ全部読んだわけではないので、書けない部分もありますがゲーム好きならネタとして一冊持っておくのも悪くないと思います。

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 旧俺ゲー
記事一覧  3kaku_s_L.png ドラクエ8
記事一覧  3kaku_s_L.png ゲーム日誌

~ Comment ~

No title 

こんばんは。
わざわざリンクもありがとうございました!

やはりファミコンの世界は奥深くて、
こういう本を読むだけでも、気分にひたれますね~。
ファミコンは家で一人で遊ぶだけでも楽しいですが、
友達の裏技に仰天したり、雑誌でウソ技に騙されたり、
当時の子供はどんだけ娯楽に貪欲だったんだと感心します(笑)。

>今はえっちなのは裏技ではなく、
>最初からそれをウリにして発売するからこういう裏技は無いんだろうなあ…。

この部分には納得させられました。
隠れたエロだから燃える(萌える)んですよね~。
さすがイプイプ師匠、よくわかってらっしゃる。

拍手コメントへの返信です 

>>僕。さん
僕。さんが持っているというファミダスも調べてみました。
今回のファミダスライトはファミダスの改訂版のようです…。
だから内容はほとんど被っていると思いますw

私は逆に「ファミダス」が欲しくなっちゃいました。
内容は微妙に違う程度だろうけど…。
でも、ファミダスライトよりも値段が高いから買うことはないと思います(;´Д`)

No title 

>>犬塚ケンさん
ケンさんのおかげでこんなに素敵な本の存在を知ることができたので、こちらこそありがとうございますー。

今の方がゲーム市場は巨大になっていますが、やはりファミコンブームは特別なんですよね。
だからこういう本が出ると嬉しくなるし、気分に浸れるんですよね。
当時は友人の家で人のプレイを見るだけでも楽しかったからなあ。
裏技を試したり、対戦したり、ソフトの貸し借りをしたりと今ではそんな楽しみはできないです…。

隠れたエロというのはそれだけでそそられちゃうんですよね。
多少苦労したり、調べたりしないとありがたみが無いというか…。
って、それはゲームに限った話じゃないですねw
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カラーになっただけじゃない! 「テトリスDX」】へ  【記憶は遥か彼方へ…】へ